books

今週の読書-双孔堂の殺人、When 完璧なタイミングを科学する

閏年のおかげで、もう3月に出会ってしまいましたね。

今週は、ミステリとタイミングを科学した本を読みました。
タイミングの科学は個人的に大当たりです。

双孔堂の殺人

視よ、しかして正しく視よ

堂シリーズ2作目。

一作目の「眼球堂の殺人」がそこそこヒットしたので二作目も手を出してみた。この作品のシリーズは、”館モノ”っていう古典的手法を現代的に焼き直してる、”最先端な館モノ”と思った。

一作目を読んでた時になんとなく思っていたのだけれど、この作品は森博嗣のS&Mシリーズを思い出させるなぁ。
癖のある学者先生と天才学者。犀川先生と真賀田四季みたいな。

つまりは、すべて導かれるままにこうなったということだ。いや、その真意を今は問うまい。今はただ、ほんの少し前に進むだけのための照明にのみ努めよう、イプシロンよりも小さくゼロよりも大きいデルタだけ進むためにね。さあ…

双孔堂の殺人/周木律 P320

When 完璧なタイミングを科学する

タイミングを味方につける

科学で最適なタイミングを弾き出した一冊。
これがあれば「何をいつやるか?」そんなことまでわかっちゃうんですよ。
科学ってなんでもありだよなぁ…。まぁ、そういうところが好きなんですけどね。

読み終わった後に、「タイミングが悪かった」なんて言い訳も、あながち間違ってなかったんじゃないか。なんてことを思ってしまった。
人間には色々な身体のシステムが機能していて、機能のピークを迎えたり最も成熟していたりするタイミングを狙えば良いパフォーマンスが得られるんだなぁと。そして、そのタイミングは、人種が異なっていても、文化が異なっていても人間である以上は大きく異ならないということ。
つまり、タイミングが全てではないが、物事はタイミング次第ということらしい。

大陸も時差も関係なく、潮の満ち引きが規則的に繰り返されるように、1日における変動-ピーク、谷、変動-は同じだった。私たちの日常生活の背後には、隠れたパターンがある。このパターンは重要かつ思いもよらないものであり、ここから明らかになることがある。

When 完璧なタイミングを科学する/ダニエル・ピンク P20


関連記事

  1. books

    猫には推理がよく似合う、大きな鳥にさらわれないよう、待ち人こずって何なの私から会いに行くからお前が待…

    近所の梅の木に花が咲き始めたと思ったらもう散り始めました。次は桜の出…

  2. books

    5秒で行動を変え、人生を変える

    この前、「5秒ルール-直感的に行動するためのシンプルな法則」という本…

  3. books

    世界史の針が巻き戻るとき、芸術的創造は脳のどこから産まれるのか?、PEAK PERFORMANCE最…

    今週は、気鋭の哲学者から見た世界、脳と芸術の関係について、そして、科…

  4. books

    幻影の手術室、誰も知らない世界のことわざ、クリーンミート

    空気の冷たさに身を絞める日が減ってきた気がしますね。三寒四温とはこの…

  5. books

    動物たちのまーまー、魔弾の射手、論語と算盤

    今週は、一條次郎の新作と天久鷹央シリーズ、そして、次の1万円紙幣の顔…

  6. books

    今週の読書-χの悲劇、悲観する力

    今週は森博嗣ウィークでした。いつも言っていることですが、森博嗣作品は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    銃・病原菌・鉄、40人の神経科学者に脳のいちばん面白いところを聞いてみた
  2. books

    今週の読書-Search Inside Yourself、エレンディラ、マンモス…
  3. books

    今週の読書-χの悲劇、悲観する力
  4. Think

    テクノロジーに首を切られるのは人間だけじゃないらしい。
  5. books

    動物たちのまーまー、魔弾の射手、論語と算盤
PAGE TOP