books

今週の読書-20歳のときに知っておきたかったこと、この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

いろいろと環境が変わって読書時間を取れなかったり、集中力が続かなかったりでそんなに読めなかった。そんな週でした。
読んだ本の数が少ないと、日常が物足りないと感じますね。

20歳のときに知っておきたかったこと

自分自身に許可をする。

以前、メグジェイ先生の「人生は20代で決まる」を読んで、20代の人生への考え方を改めるきっかけとなりました。メグジェイ先生の本は、これからの人生でハッピーエンドを迎えるために、20代から準備する事が必要だ。という内容で、今までメグジェイ先生が出会った20代達のエピソードを基に「20代から人生を考える」ような本でした。

ティナ・シーリング先生のこの本は、「人生で成功するために、20代の内から出来る事」を具体的に示してくれる本でした。
そして、その成功するために出来る事は、自分に絡みついた常識を疑ったり、今いる自分の居場所から飛び出てみたり…と、自分次第で誰でもできる事で、特別な能力なんて必要なかったんですね。必要なことは、自分自身に許可をすることでした。

私たちの誰もが認識すべきなのは、一人一人が同じ様に許可されているということです。許可をするのは自分であって、外から与えられるものではありません。私たちはこの点を知りさえすればいいのです。

20歳のときに知っておきたかった/ティナ・シーリング P209

この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

ディストピアで生きる。文明を蘇らせる。

なんらかの理由でこの世界が「アイアムレジェンド」や「マッドマックス」の様な文明が終わってしまった世界になった時に、世界を支えていた科学文明を蘇らせるための知識と手順が書かれたディストピアの説明書。

もう少し内容を噛み砕いて、物語をつければ、少年ジャンプで連載されている「ドクターストーン」になりそう。

もしこの世界が滅びたら真っ先に手に取る一冊かもしれない。

人間の足では到底たどり着けない遠方まで自分たちを運ぶ乗り物を建造したのだ。僕らの近代の世界を作り上げたのは科学であり、それをまた再建するためにも科学は必要となるだろう。

この世界が消えたあとの科学文明の作りかた/ルイス・ダートネル P.380

関連記事

  1. books

    夢の検閲官・魚籃観音記、危機と人類(上・下)

    ほんの少し窓から目を離した隙に、太陽は夕暮れに陰る空の色を奪い去って…

  2. books

    うたかたの日々、2030年の世界地図帳、バレットジャーナル活用術

    気がついたら12月も真ん中です。今まで何をやっていたんだ廊…

  3. books

    超・客観力、異邦人

    みなさま、コロナ自粛いかがお過ごしでしょうか。僕は相変わらず読書をし…

  4. books

    ルールと仕組みの重要性を学ぶ「アマゾンのすごいルール」

    Cusomers Rule!(お客様が決めるんだ!)アマゾンのすごい…

  5. books

    ジェリーフィッシュは凍らない、超読書術、21lessons

    毎年毎年誰が一年を終わらせてしまうのでしょうか。と考えた時に思いつく…

  6. books

    ダマシ×ダマシ、動物と機械から離れて

    今週は森博嗣のXシリーズ最新で最終巻とAIはどのように世界変えていく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    重版未来 表現の自由はなぜ失われたのか、森籠りの日々、それ、なんで流行っているの…
  2. Think

    どうして的外れなことを言ってしまうのか?
  3. Think

    なぜ、あなたの人生は物足りないのか?―釣り合った人生のために必要なこと。
  4. books

    今週の読書-MONEY、日の名残り、聖女の毒杯、日本が売られる
  5. books

    さよなら言い方なんて知らない。2・天久鷹央の推理カルテⅡ・アマゾンのすごいルール…
PAGE TOP