books

今週の読書-Search Inside Yourself、エレンディラ、マンモスを再生せよ

積ん読がだいぶ減ってきましたが、今度は読み終わった本の山が出来上がってきました。
物理法則を感じます。

Search Inside Yourself

マインドフルネスを身近なものに

瞑想を習慣にしているけれど、瞑想の本を読んだことなかったなぁ…。と思い読んでみました。
へー、こう言う瞑想法もあるのかー。と、新たな学びを得ることが出来た。
特に、「瞑想は注意の練習だ」と言う説明が一番しっくりきた。
確かに瞑想を始めてから、自分の中の感情とか思考に気づけることが増えた気がする。

瞑想は一番単純に言えば、注意の練習だ。瞑想のトレーニングを十分積めば、中尉は揺らぐことなく穏やかで集中したものになる。注意の質をそこまで高めると、心は簡単に、そして長時間にわたって、とてもリラックスしている状態になれる。その様にリラックスしていてしかも隙のない状態になれば、三つの素晴らしい心の特質が現れてくる。穏やかさと明瞭さと幸せだ。

Serach Inside Yourself/チャディ・メン・タン P332

エレンディラ

大人のための残酷な童話

共感力が上がる作家の一人、ガブリエル・ガルシア・マルケスの短編集。
”大人のための残酷な童話”という謳い文句だが、”残酷な世にも奇妙な物語”の方がしっくりくる。

エレンディラは短編集の中の物語の一つ『無垢なエレンディラと無情な母の信じ難い悲惨な物語”からとったもの。個人的にはエレンディラよりも『この世で一番美しい水死人』が面白かったから、『エステーバン』でもよかったんじゃないかと。

「年の功で他の女たちよりも冷静な年取った女が、あの水死人をじっと見つめた後、ため息交じりに呟いた。

「顔を見ると、エステーバンと言う名前じゃないかって気がするね」

エレンディラ/ガブリエル・ガルシア・マルケス `P58

マンモスを再生せよ

永久凍土という名の時限爆弾を抑え込むために…

点と点が繋がるように物語が進むので、まるで映画を見ているような感覚で読めた。
3000年前に絶滅したマンモスをこの世界に蘇らせる、まるでSFのようだが、本当に行っていた実話の物語。

3000年前に絶滅した命をなぜ蘇らせるのか?
それは、北極の氷が溶け出すことによって大量に放出される二酸化炭素による地球温暖化の加速を食い止めるために。

「いいかい」ボビーはラップトップを集めながら、笑みを浮かべてこう言った。

「まだサイエンス・フィクションに過ぎないが、僕らがそこからフィクションを取り除くんだ。そしたら現実になる」

マンモスを再生せよ/ベン・メズリック P167

関連記事

  1. books

    世界史の針が巻き戻るとき、芸術的創造は脳のどこから産まれるのか?、PEAK PERFORMANCE最…

    今週は、気鋭の哲学者から見た世界、脳と芸術の関係について、そして、科…

  2. books

    さよなら言い方なんて知らない。2・天久鷹央の推理カルテⅡ・アマゾンのすごいルール

    年末に始めた本の整理がいまだに終わっておりません。毎日少しづつ整理し…

  3. books

    今週の読書-鏡面堂の殺人、言葉にして伝える技術、使える脳の鍛え方

    涼しいというか少し寒い日が続いていたと思ったら、7月らしい気候になっ…

  4. books

    5秒で行動を変え、人生を変える

    この前、「5秒ルール-直感的に行動するためのシンプルな法則」という本…

  5. books

    今週の読書-教会堂の殺人、世界が変わる空調服、哲学の先生と人生の話をしよう

    7月の割には涼しげな日々が続いてくれているおかげで読書が捗りますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    GAFAが作り変えた新世界で生き抜く19の武器
  2. books

    今週の読書-MONEY、日の名残り、聖女の毒杯、日本が売られる
  3. books

    天久鷹央の推理カルテⅣ、Ⅴ、アンチ整理術
  4. books

    猫には推理がよく似合う、大きな鳥にさらわれないよう、待ち人こずって何なの私から会…
  5. Bricolage

    ブリコラージュ・バスケット-賢い馬ハンス、本に読まれる時代、禁煙の効果が出るのは…
PAGE TOP