books

今週の読書-スーパーベターになろう、ムーンナイト・ダイバー

スーパーベターになろう!

最高の自分になるためのゲーム

スーパーベターになる。つまり、『最高の自分』になるということ。
そんな、最高の自分になるためのゲームを自らデザインするための手引書。

僕はゲームばかりして育ったので、人生をゲーム化できたら最高じゃないか!と思って購入。
最高の自分になるためのゲームをデザインするには、

  • 最高の自分になるのに障害になる悪役を見つける。
  • ステータやスキル、モチベーションなどを上げるパワーアップアイテムを見つける
  • 達成できるクエストを設定する

それぞれ設定したら、毎日悪役と戦い、パワーアップアイテムで力を蓄え、成長するためにクエストを達成していく。そうしているうちに、最高の自分に近づくというもの。

ゲームとしては当たり前だけど、これがゲームの本質であって、これを僕らの生活の中に組み込めば僕らの人生は確かにゲームになるなぁ。と

とりあえず、この三つをまず設定して、僕の人生をプレイしてみようかな。

ゲームはただの娯楽ではない。最高の自分になる方法を教えてくれるツールなのだ。

スーパーベターになろう!/ジェイン・マクゴニガル P28

ムーンナイト・ダイバー

3.11に取り残された人々の願い

東日本大震災から4年半経った地で、月明かりを頼りに海に潜り、被災者たちの遺留品を回収する非合法ダイバーの物語。

書店でこの本に出会って、もう8年も経ったのかと思い購入。
被災者たちで作られた会員制の会で、もしかしたら自分の大切なひとの遺留品が見つかるかもしれない。と願う会員たちの中で、一人の女性が、夫の遺留品を見つけようとしないで欲しい。と釘を刺す。
その瞬間から、様々な人物の思いが交差する世界に変わったような気がした。

多くの人が大切な人を無くしてから8年。小説の中では4年半だが、その傷はそう簡単には癒えない。
当たり前だよなぁ…。と思わされた。

なぜ潜る。聖域かもしれないのに、禁を侵せば、罰せられるかもしれないのに。

いや、だからこそ潜るのだ。誰も潜らないから、誰かが潜らなければいけないのだと信じる。

ムーンナイト・ダイバー/天童荒太 P34

関連記事

  1. books

    今週の読書-ままならないから私とあなた、突破力、バレットジャーナル

    気づけば6月に突入していました。もう少しで、1年の半分が終わってしま…

  2. books

    楽園のカンヴァス、スフィアの死天使、なぜ世界は存在しないのか

    未だ暮れてない16時過ぎの空から春の足音が聞こえた気がする。…

  3. books

    精神を成長させ、未来を生きる「本を読む本」

    本というものはいったん書いて出版されてしまえば、変わることはない。し…

  4. books

    幸福を最大化する「科学的な適職」

    好きなことを仕事にしよう。安定した業界を選ぼう。フリーランスこそ思考…

  5. books

    夢の検閲官・魚籃観音記、危機と人類(上・下)

    ほんの少し窓から目を離した隙に、太陽は夕暮れに陰る空の色を奪い去って…

  6. books

    今週の読書-絶唱、箱男、さあ才能に目覚めよう

    気づけば長かった日が短くなりつつありますね。当たり前ですが、秋が近づ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    未来の時間の使い方の妄言—インターネットに時間を浪費する人類
  2. books

    その悩み、数学的に考えてみませんか?-論理ガール/深澤慎太郎
  3. books

    今週の読書-蝶のいた庭、ルーキー・スマート、もっと言ってはいけない
  4. books

    今週の読書-忘れられた巨人、アンドロイドは電気羊の夢を見るか?、スタンフォードの…
  5. books

    さよならの言い方なんて知らない。3、天久鷹央の推理カルテⅢ、独学の教科書
PAGE TOP