books

今週の読書-なにものにもこだわらない、俺か俺以外か、メアリー・スーを殺して

未だに桜の咲かない街にも春が近づいてきたようで、背中を照らす光が心地良いなぁ。と思う日々が増えてきました。
もう少しで空の下でページをめくれそうです。


なにものにもこだわらない

「何ものにも拘らない」その先へ


いつも世の中の潮流の真逆を生きている(本人はそのつもりはないみたいだけれども)森博嗣先生の「拘らない」をテーマにした一冊。
そもそも「拘る」ということは良い意味ではないよ。って話を、森博嗣先生の価値観や思考を通して展開されていく。
「なるほど、拘りすぎることもよくないな」と考えながら読んでいたら、
「拘らない」事に拘ってしまわないようにしないとダメだよ。と解きほぐされた。
つまり、何かに拘っている自分に気づき、臨機応変に物事に向かう姿勢が僕らには必要らしい。

念の為に注意を喚起しておこう。「拘らない」からといって、なんでもOK、みんな好きにやってください、とばかり、ごろんと寝転がっているだけでは、「拘らない」に拘っているだけで、何も生まれない。

なにものにもこだわらない/森博嗣 P232

俺か、俺以外か。ローランドという生き方

ローランドの美学

本書は名言集の解説本となっていて、メディアやなんかで出た言葉を集めてローランド本人が補足解説している。
僕はテレビをもう見ていないので、ローランドの名言どころか、ローランドが何者かも知らなかったんですが、この本でローランドの生き様というか美学に見事やられました。
プロローグを読んで、「へぇ、ホストだったんだ」と知り、少し見くびった姿勢で読んだのが敗因ですね。
ホストという職業ながら、姿勢はビジネスマン。しかも誰かに夢を見せるというスタンス。そして、持ち前のカリスマ性と言葉の言い回が、ローランドの力強い美学を作り上げています。

参ったなぁ。ファンになりそう。

世の中には2種類の男しかいない。

俺か、俺以外か。

俺か、俺以外か。ローランドという生き方/ROLAND P42

メアリー・スーを殺して

乙一たちのアンソロジー

全て同一人物だったなんて知らなかった。
と、アマゾンのレビューを見ながらギョッとしました。
言われてみれば、どれも乙一っぽかったなぁ…。

個人的には、主人公の家のベランダに、偶におかしなものが引っかかる「山羊座の友人」と、
「人体楽器」という乙一のグロテスクな世界観が作り出す「エヴァ・マリー・クロス」がツボでした。

ちなみに本のタイトルの「メアリー・スー」とは、海外版の「俺TUEEE」系主人公です。

俺にはわかった。それがエヴァ・マリー・クロスの声だと。

メアリー・スーを殺して/乙一 P356

関連記事

  1. books

    動物たちのまーまー、魔弾の射手、論語と算盤

    今週は、一條次郎の新作と天久鷹央シリーズ、そして、次の1万円紙幣の顔…

  2. books

    今週の読書-蝶のいた庭、ルーキー・スマート、もっと言ってはいけない

    読んだ数より質、つまり、アウトプットだろう。と思ってはいるのですが、…

  3. books

    今週の読書-眼球堂の殺人、ホモ・デウス、メモの魔力とか

    正月休みも終わって、いつも通りの毎日が始まっても積読を崩し、ページを…

  4. books

    今週の読書-砂の女、チーズはどこへ消えた?

    今週は不朽の名作を読みました。どちらも発行年数を見て驚きました。何年…

  5. books

    夢の検閲官・魚籃観音記、危機と人類(上・下)

    ほんの少し窓から目を離した隙に、太陽は夕暮れに陰る空の色を奪い去って…

  6. books

    今週の読書-それでもデミアンは一人なのか?、世にも奇妙な君物語、超図解・宗教

    ライフサイクルが変わると、今までの当たり前だった習慣も変わってしまう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    あたなの価値観を見つける4つの方法
  2. books

    暗幕のゲルニカ、AX
  3. books

    今週の読書-また同じ夢を見ていた、透明な君の後悔を見抜けない、明るい夜に出かけて…
  4. books

    今週の読書-砂の女、チーズはどこへ消えた?
  5. books

    今週の読書-ままならないから私とあなた、突破力、バレットジャーナル
PAGE TOP