books

今週の読書-HIGH OUTPUT MANAGEMENT、ギルドレ

活字が読めなかったあの頃を思い出して、人生何が起こるかわからないなぁ。と思い耽る週末の昼下がり。
小さな変化の積み重ね。多分これも小さな変化の一つ。

HIGH OUTPUT MANAGEMENT

チームを最適化する

マネージャーなんて大層な仕事はしてないけれど、仕事を完遂する為に方々を管理したりするので、マネジメント系の本をよく読みます。

マネージャーとして最高のアウトプット。つまり、最高の成果物を生み出すためにすることにフォーカスしていて、「マネジリナル・レバレッジ」という、アウトプットを最適化するためのマネージャーがするテコ。という考え方が面白かった。

何人か部下を持っているような役職の人にドンピシャだけれども、自分という部下をマネジメントする。的な自分自身の仕事のマネジメントにも活かせるんじゃないかな。メタ認知的な。

私の主張としては、経営管理状の生産性の高さは、このテコ作用の高いタスクを選びとって遂行することに大きくかかっている。


HIGH OUTPUT MANAGEMENT 人を育て、成果を最大にするマネジメント /アンドリュー・S・グローブ

ギルドレ(1)(2)

選択し続ける救世主?

「文豪ストレイドッグス」の原作者が綴る、地球外生命体と救世主の戦いを描いたディストピア系サイエンス・ファンタジー

記憶喪失で自分が誰だかわからないけれど、もしかしたら地球外生命体から世界を救った救世主かもしれない。そんな主人公が世界を救うために選択し続ける物語。
主人公は一体何者なのか?そんな疑問を残して2巻は幕を閉じる。

1冊1冊が薄いので一気読み。同時発売だったらしいけど、2冊まとめてしまえばいいのに。と
それでも、世界観がしっかりしていて、テンポもいいので、薄くてもいいかな。
薄々感づいていたことだけど、僕はディストピアが舞台の作品が好きらしい。

「この力があれば…僕は世界を救えますか?」

薫先生はキョトンとした後、少し間を置いてから苦笑した。

「救うまでもない。−その能力がある以上、君は世界そのものだ。」

ギルドレ(2)/朝霧カフカ P.88

関連記事

  1. books

    今週の読書-コンビニ人間、料理の科学②、テーマパーク化する地球

    今年もなんだかんだ100冊読書が済んでいました。まぁ、カウントしてい…

  2. books

    今週の読書

    今週はほとんど休みだったのでだいぶ読書が捗りました。せっかくなので、…

  3. books

    先週の読書-君の世界に青が鳴る、直感と論理をつなぐ思考法、第3のチンパンジー

    GWも終わりますね。この連休の中で一つやってみたい事が出来たので、な…

  4. books

    うたかたの日々、2030年の世界地図帳、バレットジャーナル活用術

    気がついたら12月も真ん中です。今まで何をやっていたんだ廊…

  5. books

    暗幕のゲルニカ、AX

    今週は、原田マハのゲルニカを題材にした小説と、伊坂幸太郎の最新の殺し…

  6. books

    今週の読書-教会堂の殺人、世界が変わる空調服、哲学の先生と人生の話をしよう

    7月の割には涼しげな日々が続いてくれているおかげで読書が捗りますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    未来のテクノロジーとの付き合い方「ドラえもんを本気でつくる」
  2. books

    動物たちのまーまー、魔弾の射手、論語と算盤
  3. Think

    お金で幸せを買うことはできるのか—お金で幸せになる唯一の方法
  4. books

    楽園のカンヴァス、スフィアの死天使、なぜ世界は存在しないのか
  5. books

    GAFAが作り変えた新世界で生き抜く19の武器
PAGE TOP