books

今週の読書-砂の女、チーズはどこへ消えた?

今週は不朽の名作を読みました。
どちらも発行年数を見て驚きました。何年経っても読み継がれるって素敵じゃないですか?

砂の女

砂の悲劇

昆虫採集に出かけた男が、砂に囲まれた一軒家に閉じ込められ、そこからあの手この手で脱出を試みる男の話。

どうにもならない不条理さに葛藤する男の思考が悲劇を盛り上げていて、作品にズルズルと引き込まれてしまった。

阿部公房先生の作品は初めて読みましたが、言葉の言い回しや比喩がツボでしたので、他の作品にも手を出してみようかな。と
アマゾンでたまたま見かけてポチったから知らなかったけれど、20ヶ国語以上で翻訳されていたんですねぇ…

地上に、風や流れがある以上、砂地の形成は、避けがたいものかもしれない。風が吹き、風が流れ、海が波うねっている限り、砂は次々と土壌の中から生み出され、まるで生き物のように、所嫌わず這い回っているのだ。砂は決して休まない。静かに、しかし確実に、地形を犯し、亡ぼしていく……

砂の女/阿部公房 P17

チーズはどこへ消えた?

人生をシンプルにした寓話

「チーズ」を求めて「迷宮」をさまよう2匹のネズミと2人の小人の物語。

「チーズ」とは僕らの人生で求めるなんらかの幸福の形。
「迷路」とは、チーズを追い求めるいずれかの場所。

チーズを求めて迷宮を彷徨う物語は、僕らの人生をシンプルに最小化した世界。
その物語の中には、僕らが幸せを掴むためのメッセージが込められている。

特に印象に残ったことは、何かしら困難や難しい判断に直面した時に「もし恐怖がなかったら何をするだろう?」と自問することで、最善の選択肢を探すことができる。そして見つければ、あとはその選択肢に向かって覚悟を決めて進むだけ。ということ。
別に何も特別なことじゃなくて、当たり前のこと。だけど、そんな当たり前のことを気づくことができる一冊だった。
30分程度で読めるので、思った時に読み返せることもポイントが高い。

物事を簡潔に捉え、柔軟な態度で、素早く動くこと。

問題を複雑にしすぎないこと。恐ろしいことばかり考えて我を失ってはいけない。

小さな変化に気づくこと。そうすれば、やがて訪れる大きな変化にうまく備えることができる。

チーズはどこへ消えた?/ スペンサー・ジョンソン P65

関連記事

  1. books

    今週の読書-旅のラゴス、恋と禁忌の述語論理、料理の化学①、THE RHETORIC、日本進化論

    いつの間にか2月ですね。信じられません。そもそも、僕は2019年を迎…

  2. books

    幸福を最大化する「科学的な適職」

    好きなことを仕事にしよう。安定した業界を選ぼう。フリーランスこそ思考…

  3. books

    天才を殺す凡人、「学力」の経済学、150年前の科学誌「NATURE」には何が書かれていたのか

    今週は、企業の中の「天才、秀才、凡人」の相関に関する本と、学力と経済…

  4. books

    人間とウィルスの軍拡競争「感染症の歴史」—なぜ人類はウィルスに勝てないのか?

    コロナウィルスという新型感染症が蔓延して、世界は感染症の恐怖を思い出…

  5. books

    朝が来るまでそばにいる、超習慣術、「自分を変える」と言うこと

    秋晴れは空が高く、日が暮れれば幻想的な色をその高い空に映し出します。…

  6. books

    今週の読書-教会堂の殺人、世界が変わる空調服、哲学の先生と人生の話をしよう

    7月の割には涼しげな日々が続いてくれているおかげで読書が捗りますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    今週の読書-ままならないから私とあなた、突破力、バレットジャーナル
  2. books

    今週の読書-旅のラゴス、恋と禁忌の述語論理、料理の化学①、THE RHETORI…
  3. books

    苦手なメールを克服する「超・箇条書き」
  4. books

    今週の読書-満願、私の消滅、選択の科学
  5. books

    今週の読書-HIGH OUTPUT MANAGEMENT、ギルドレ
PAGE TOP