books

今週の読書-四月になれば彼女は、羊と鋼の森、5秒ルール

週休三日が一番仕事とプライベートの両立ができるんじゃないかと思います。
四日間働いて、三日休む。やらなければいけない事に1日使い、誰かとの時間に1日使い、残りの1日をゆったり自分のために過ごす。そんな生き方がしたいですね。

今週は、恋の消失を描いた物語と、一人の少年が調律師として成長する物語、そして、5秒で自分のやる気をブーストさせる本を読みました。

四月になれば彼女は

永遠なんて存在しないのだ

恋の消失を描いた物語。

大抵、恋の物語は、まるでそれが永遠に続くように、二人はその先も一生幸せに生きていく。そんな風に描かれるけど、この物語はそうは描かれない。

惹かれ、恋に落ち、結ばれるか砕け散るか。そして別れまた誰かと出会う。
ずっと側にいるから。そんな台詞を一人の為だけに言って、守れた人はどれくらいいるのだろうか。なんて。

作中で、恋を風邪の様なモノと比喩している描写があり、なるほど。と思ってしまった。
風邪をひき、熱が出てもいつかは熱が下がる。そう、冷める。
同じ様に、恋もいつかは覚めてしまう。それは突然なのか、それともゆっくりとその時が訪れるのかは誰にも分からない。
それなのに、僕らは明日の自分は今日と同じ自分と信じて、この熱が一生続く様に思っている。
だって恋と風邪は別物だから。

「駆け落ちしてきた二人が、バスに乗り込む。興奮した様子で笑い合う。けれどもバスが走り出し、しばらくすると、二人がふっと真顔になりバスに揺られ始める。不安げで、焦点が合わない目で俯く。さっきまでの希望に満ちた笑顔は、そこにはないんです」

(中略)

「あの映画のラストシーン、ぼくには絶望的に見えるんですよ。駆け落ちしたものの、一体僕らはこれからどうやって生きていけばいいんだろうかって、現実を突きつけられて終わるのですから」

四月になれば彼女は/川村元気 P248

羊と鋼の森

音色に向き合い続ける

一人のピアノ調律師に出会い、憧れ、調律師になった少年の成長を描いた物語。
タイトルのピアノに対する比喩が素敵です。

すごく簡素というか雑味がないというか…なんとなくすっきりしているのにものすごく奥が深い様な気がした。というのが読み終わった後の感想だった。
巻末の解説を読んでその理由に気づいたのだが、この物語の主人公の人物像が簡素だった。外村という苗字でしか呼ばれず名前が分からない。まるで主人公に色がついていない様な雰囲気だった。そうだ、無彩色だ。
それと対をなす様に、ピアノを調律したり、音色の描写が色彩豊かに描かれていた。
この二つの様相が、この物語を無彩色の様な印象を持たせながら奥の深い世界観を描いていた要因なのかな。

引き手に合わせてピアノの音を調律し、引き手の魅力を最大限に引き出す。
調律師の存在はなんとなく知っていたが、どんなものかはこの本を読むまで全く分からなかったが、なんとも素晴らしい職業なんだなぁ。と
全く知らないからこそ興味が湧き、どんどん読み進めてしまった。

和音の弾くピアノの音色が一番美しく響くように、ぼくはカササギたちを高く飛ばした

羊と鋼の森/宮下奈都 P258

人生を変える5秒ルール

5秒で世界を変えろ!

5秒カウントダウンして動き出す。ただそれだけのテクニック本。

良くも悪くもそれ以上の説明は必要ないくらいそれだけの本。
中身もそんな感じで、筆者の実践談、それを知って実行した人々の声、
そして、多少の心理学的エビデンスで構成されてる本書。

買うほどでもないかなぁ。と思ったが、モチベーションが上がったので良しとする。
ぼくはサボりグセとか先延ばしぐせがあるので、本書を読んでから気づいた時には5秒ルールを行なっているので、なんだかんだ言いながらプラスに働いてますね。
これって、If-Thenプランニングだよなぁ。

さぁ、5秒数えて動くのだ。

心が何かを訴えてきたら、その声を尊重し、「5、4、3、2、1」で動き出しましょう。一瞬の勇気は1日を変え、1日が人生を変えるかもしれません。そして、あなたの人生は、世界を変えるかもしれないのです。

人生を変える5秒ルール/メル・ロビンズ P280

関連記事

  1. books

    苦手なメールを克服する「超・箇条書き」

    メールは得意ですか?僕は、とても苦手です。社会人を数年やっていますが…

  2. books

    今週の読書-眼球堂の殺人、ホモ・デウス、メモの魔力とか

    正月休みも終わって、いつも通りの毎日が始まっても積読を崩し、ページを…

  3. books

    今週の読書-よるのばけもの、遠い山なみの光、隷属なき道

    iPhone11を手に入れました。今まで6を使っていたのですが、iO…

  4. books

    モダン、「欲しい」の本質、口コミはこうして作られる

    今週は、原田マハの短編集とどうやって僕らに『欲しい!』という感情を起…

  5. books

    猫には推理がよく似合う、大きな鳥にさらわれないよう、待ち人こずって何なの私から会いに行くからお前が待…

    近所の梅の木に花が咲き始めたと思ったらもう散り始めました。次は桜の出…

  6. books

    ドラえもんを本気でつくる、Brain Rules

    今週は本気でドラえもんを作ろうとしている研究者の本当、老いない脳を作…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    好きを仕事にしない生き方―好きを仕事にしたって幸せになれるわけじゃない
  2. books

    天久鷹央の推理カルテⅣ、Ⅴ、アンチ整理術
  3. books

    タイミングを科学する-最適なモーニングコーヒー、再スタート、婚期のタイミング
  4. books

    夢の検閲官・魚籃観音記、危機と人類(上・下)
  5. books

    銃・病原菌・鉄、40人の神経科学者に脳のいちばん面白いところを聞いてみた
PAGE TOP