books

うたかたの日々、2030年の世界地図帳、バレットジャーナル活用術

気がついたら12月も真ん中です。
今まで何をやっていたんだ廊下。と思うくらい毎年毎年一年はあっという間です。
残り二週間とちょっとを無理のないように、けど悔いのないように過ごしていければなぁ。なんて。

今週は、不思議で悲痛な恋愛小説「うたかたの日々」と、落合陽一によるSDGsを踏まえた世界への展望を語った本、バレットジャーナルの活用術本を読みました。

うたかたの日々

肺の睡蓮

ピアノの鍵盤を引けば、カクテルが作られて、バラ色の雲からシナモン・シュガーの味がして、
二人はその雲に包まれてデートをする。
シュールでロマンチックな世界で二人は愛を育む、そして、恋人とクロエの肺に睡蓮が咲き、彼女の命を少しづつ奪っていく。

以前、「注文の多い注文書」という本を読んだ時に登場した「肺に咲く睡蓮」という世界観に誘われて原作を手に取りました。

物語が進めば進むほど摩訶不思議な世界が広がっていくので最後まで飽きることがなく読み進めれました。
そして、読めば読むほど恋人のクロエの病は重くなり、主人公のニコラもその周りの人も物も虚しく疲弊し歪んでいく。

苦しめば苦しむほど世界は滑稽に歪んでいく。
夢と現のような世界で様々な愛のカタチが織りなす悲痛な愛の物語

「私に会えて嬉しい?」
「うん、もちろんさ!…..」
二人は、最初のの歩道沿いに、脇目も降らずに歩き始めた。小さな薔薇色の雲が一つ、空から降りてきて、彼らに近づいた。
「行くぞ」と雲が言った。
「行こう」とコラン。
雲が二人をすっぽり包んだ。中に入ると熱く、シナモン・シュガーの味がしていた。


うたかたの日々/ボリス・ヴィアン P64

2030年の世界地図帳

本書にも書いていますが、続けられている理由はとにかく「楽しい」からです。自分で手帳を「楽しいもの」にしたかったのです。
ねこねこさんのバレットジャーナル活用術/ねこねこP6

関連記事

  1. books

    今週の読書-東京ワイン会ピープル、熱視線、転職と副業の掛け算

    渋谷の喧騒が終われば11月。まばらな仮装も揃いは、揃いも揃って赤い服…

  2. books

    今週の読書-絶唱、箱男、さあ才能に目覚めよう

    気づけば長かった日が短くなりつつありますね。当たり前ですが、秋が近づ…

  3. books

    今週の読書-鏡面堂の殺人、言葉にして伝える技術、使える脳の鍛え方

    涼しいというか少し寒い日が続いていたと思ったら、7月らしい気候になっ…

  4. books

    今週の読書-旅のラゴス、恋と禁忌の述語論理、料理の化学①、THE RHETORIC、日本進化論

    いつの間にか2月ですね。信じられません。そもそも、僕は2019年を迎…

  5. books

    タイミングを科学する-最適なモーニングコーヒー、再スタート、婚期のタイミング

    科学の手はどこまでも伸びていくもで、僕らの「タイミング」でさえ科学さ…

  6. books

    暗幕のゲルニカ、AX

    今週は、原田マハのゲルニカを題材にした小説と、伊坂幸太郎の最新の殺し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    どうして僕らの仕事は終わらないのか—あなたの成果を密かに奪う犯人は?
  2. books

    天久鷹央の推理カルテⅣ、Ⅴ、アンチ整理術
  3. books

    今週の読書
  4. books

    今週の読書-さよならの言い方なんて知らない、ケーキの切れない非行少年たち
  5. books

    その悩み、数学的に考えてみませんか?-論理ガール/深澤慎太郎
PAGE TOP