books

火焔の凶器、自尊心削られながら個性を出せって、どんな罰ゲームだよ?、睡眠こそ最強の解決策である

冷たい雨も暖かな雫に変わってきましたね。

今週は、天久鷹央シリーズとSNS上で動画日記でバズった人のエッセイ、睡眠に関する本を読みました。

火焔の凶器

陰陽師の呪い

ある陰陽師の墓を調査研究として暴いた学者たちが次々不審な死を遂げる。
火事による焼死、葬儀中に突然発火する遺体を収めた棺桶、救急搬送された患者が突然火に包まれ焼死する。どれもこれも不可思議な発火に襲われる。
これは陰陽師の呪いなのか。

不審な焼死の原因を明かすべく、こんどは陰陽師の呪いに鷹央は首を突っ込む。

今回の謎はさまざまなテイストが折り重なっていて解決しても解決しても不可思議な事件が起きるのでずっとクライマックスな感じでした。

人体の突然発火は高校生くらいの頃なら気づけてたかなぁー。

「ここから出よう。君の愛した人のためにも」

火焔の凶器/知念実希人 P355(第3章 炎の終幕)

自尊心削られながら個性を出せってどんな罰ゲームだよ?

個性と向き合う

SNS上に動画日記を投稿して異常な語彙と推しへの愛と情熱がバズって、なんと書籍化。
とにかく動画でよく喋る筆者は、文字になってもよく喋る。
なんてったって、文字数が多すぎて目次のページに余白がないくらい喋ってる。

そんな本書のテーマは「個性」について。
筆者が辿り着いた「個性」という掴み所のない概念に対する筆者の答えを、フランクでありながらも鋭い視点で語られる。

個性を出せとメディアが発信する裏で、埋もれろってメッセージが見え隠れしている世界で筆者なりの個性論が展開される一冊。

サクッと読めるし面白いんだけど、こないようを動画で見たらもっと面白かったんだろうなぁ。と

さっきから書いてるけど雑誌もネットも「あなたらしいスタイル」を押し売りしてくるのに、社会は圧倒的に「埋没しろ」って訴えてきているような気がするのもしんどいよね。
でも逆に埋没したがっている、というか別にダン見た目で目立ってアピールしたい訳でもない人に「あなたらしく!!!!生きませんか!!さぁ!!!!さぁさぁさぁ!!」ってけしかけてくるのもぶっちゃけサムい。

自尊心削られながら個性を出せってどんな罰ゲームだよ?/Vanessa P90

睡眠こそ最強の解決策である

睡眠以外の解決策はない

睡眠系の本は何冊か読んでいたのですが、今現在の決定版だと思った一冊。

前々から睡眠の質があまりよろしくない日々だったのに、ここ最近さらに悪化してきまして、原因がいまいちわからないなかでさまざまな睡眠系の本を読んできましたが未だに根本的な解決も、解決の糸口も掴めていないなかでたどり着いたのが本書。

本書の内容は他の睡眠系の本よりも質が高くて、睡眠不足が引き起こすさまざまな問題をどの本よりも詳しく載せていて、
そもそも睡眠とはなんなのか?レム睡眠とは?ノンレム睡眠とは?という基本的なことから、
睡眠不足が引き起こすさまざまな障害。たとえば、睡眠不足が食欲を増大させたり、運動しても、脂肪よりも筋肉を燃焼させてしまうとか、科学的な解説と根拠を元に睡眠不足による障害を警告しているので、
睡眠不足の僕はとにかく寝よう…と思わされました。一に睡眠ですね。

そして、本書で一番驚いたのが、睡眠の質の低下は睡眠不足が引き起こしているということ。
寝ればいいってもんじゃないんですよ睡眠不足って。
何が言いたいかというと、睡眠不足になってしまうのは、日々の睡眠の短さが引き起こしていて、その主たる要因は睡眠中に行われる脳の掃除が不完全になってしまい、脳に溜まった老廃物が睡眠の質を低下させていて、結果、さらなる睡眠不足につながるという負のスパイラルが起きているということ。
つまり、一朝一夕で睡眠不足は改善できないということなんですね。
多分これが原因の一つなのかなぁと

健康維持や仕事への生産性向上、勉強などスキルアップなどの努力をしているのに睡眠が6時間以下の方は是非読んでほしい一冊です。

今のところはっきりしているのは、睡眠こそが万能薬だということだ。身体の不調も、精神の不調も、必要なのは睡眠という薬だ。この章を読み終わる頃には、どんな熱心なショートスリープ信者も改宗していることを願っている。

睡眠こそ最強の解決策である/マシュー・ウォーカー P131(第6章 記憶力と睡眠)

関連記事

  1. books

    感染症の世界史、サービスを超える瞬間、超図解 最強に面白い量子論

    今週は、感染症の歴史とリッツ・カールトンのサービスについて、そして量…

  2. books

    つんつんブラザーズ、科学的な適職、コンテナ物語

    2020年なんて遠い先の事で、深く考えたって仕方ないなぁ。と思ってた…

  3. books

    人生が20代で決まるのなら、何から始めようか。

    30代になると、帽子からハトを出すように、立派なキャリアを取り出せな…

  4. books

    暗幕のゲルニカ、AX

    今週は、原田マハのゲルニカを題材にした小説と、伊坂幸太郎の最新の殺し…

  5. books

    精神を成長させ、未来を生きる「本を読む本」

    本というものはいったん書いて出版されてしまえば、変わることはない。し…

  6. books

    今週の読書-教会堂の殺人、世界が変わる空調服、哲学の先生と人生の話をしよう

    7月の割には涼しげな日々が続いてくれているおかげで読書が捗りますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    どうして僕らの仕事は終わらないのか—あなたの成果を密かに奪う犯人は?
  2. books

    人生の教養が身につく名言集、果糖中毒、人生は20代で決まる
  3. Think

    どうして的外れなことを言ってしまうのか?
  4. books

    猫には推理がよく似合う、大きな鳥にさらわれないよう、待ち人こずって何なの私から会…
  5. books

    今週の読書-スーパーベターになろう、ムーンナイト・ダイバー
PAGE TOP