books

暗幕のゲルニカ、AX

今週は、原田マハのゲルニカを題材にした小説と、伊坂幸太郎の最新の殺し屋シリーズを読みました。

暗幕のゲルニカ

以前、楽園のカンヴァスを読んで震えるほど感動した原田マハの次の作品。
今作の主役はピカソ。そして、ピカソといえばタイトルの通りゲルニカですね。
そんなゲルニカを巡って物語は、ピカソの時代と3.11同時多発テロの時代を行き来しながら、ゲルニカが放つメッセージを世界に訴える。

普段読む小説に登場する美術作品はいつもお金としての価値を持って登場します。
しかし、本書に登場する美術作品であるゲルニカの価値は、ゲルニカにピカソが吹き込んだメッセージに価値かがあり、戦争に争うシンボルとしての価値を持った作品として扱っています。
楽園のカンヴァスを読んだときにも思いましたが、筆者の経歴が無ければ書けない作品であり、原田マハだからこそ作り上げれる世界観だなぁ。と

「この絵を描いたのは、貴様か」
ぴかそは黒黒と輝く目で武官を見据えた。この世の闇と光、全ての真実を見抜く智の結晶のような瞳で。そして、言った。
「いいや。この絵の作者は-あんたたちだ」

暗幕のゲルニカ/原田マハ P195(第4章 泣く女)

AX

伊坂幸太郎の殺し屋シリーズです。久々ですね。

本作の主人公は恐妻家。
殺し屋の仕事を辞めたいと言いながらしぶしぶ仕事を続け、家族には文房具の営業だと言い、日々妻の言動にびくびくと怯えている殺し屋「兜」

殺し屋としての生業の描写と妻の一挙手一投足に細心の注意を払う日常というシリアスとコミカルな世界を行ったり来たり。
たまに殺し屋シリーズを読んでいることを忘れてしまうほど、クスッと笑える日常が送られている。

そして、殺し屋シリーズを読んでいると聞き覚えのある名前や人物がさらっと登場したりするので、そんな時にもにやっとしてしまう。

朝起きて、妻に顔を合わせると同時に。「今日も一日すみませんでした」と謝るくらいでないと真の恐妻家とは言えない。

AX/伊坂幸太郎 P302(FINE)

関連記事

  1. books

    今週の読書-伽藍堂の殺人、多動力、迷路の外には何がある?

    Kindleの本棚に眠っている本が何冊か発見しました。積読とは物理現…

  2. books

    人間とウィルスの軍拡競争「感染症の歴史」—なぜ人類はウィルスに勝てないのか?

    コロナウィルスという新型感染症が蔓延して、世界は感染症の恐怖を思い出…

  3. books

    今週の読書-よるのばけもの、遠い山なみの光、隷属なき道

    iPhone11を手に入れました。今まで6を使っていたのですが、iO…

  4. books

    ルールと仕組みの重要性を学ぶ「アマゾンのすごいルール」

    Cusomers Rule!(お客様が決めるんだ!)アマゾンのすごい…

  5. books

    今週の読書-絶唱、箱男、さあ才能に目覚めよう

    気づけば長かった日が短くなりつつありますね。当たり前ですが、秋が近づ…

  6. books

    今週の読書-鏡面堂の殺人、言葉にして伝える技術、使える脳の鍛え方

    涼しいというか少し寒い日が続いていたと思ったら、7月らしい気候になっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    本能を操り達成率を高める「報酬感覚プランニング」
  2. Think

    理想を追い求めるナルシストになってませんか?―SNSの悪影響
  3. books

    うたかたの日々、2030年の世界地図帳、バレットジャーナル活用術
  4. books

    先週の読書-君の世界に青が鳴る、直感と論理をつなぐ思考法、第3のチンパンジー
  5. Think

    ローランドという生き方に痺れた話
PAGE TOP