books

壁、アイデアのつくり方、シカゴ・スタイルに学ぶ論理的に考え、核技術

壁に魅せられる

安部公房による短編集?
ある日突然自分の名前を喪失してしまった男。
謎の動物に影を喰われてしまい、目だけを残して透明な人間になってしまった男。
体が解け、解けた糸に包まれ繭になってしまう男
3部構成になっている物語は明確なつがなりを示すことはないが、不規則なつながりを感じさせる。

物語はどれも歪にねじれ読者を摩訶不思議な世界に誘う。
一度ねじれた世界は元の世界に戻ることなくいびつに捻れ続け、気づけばその世界の展開が気になり次々とページをめくってしまった。
物語の展開に理解が全く追いつかなかったが、それでもこの世界を楽しめた。

人間の想像力は無限大なんだなぁと思わされた

壁、それは古い人間のいとなみであると彼は思いました。それから、壁は実証精神と会議精神の母胎であると考えました。
すると一つの詩句が彼の眼と唇の間で歌い出すのでした。

壁/安部公房 P134(第一部 S・カルマ氏の犯罪)

アイデアのつくり方

アイデアの原則

アメリカ最大の広告代理店の常任最高顧問による100ページに満たないアイデアの作り方の本。

アイデアの作り方は5つのステップで解説されていて、そこだけで50ページしか使われていない。
しかし、これ以上語る必要はないくらいシンプルでわかりやすい。
むしろ、これに従って早速アイデアを練る第一ステップを踏み出したほうが細かい話を聞くよりも有意義だろう。

シンプルが故に、骨子を読み取ることができる。
ページが多ければいいてもんじゃないですね。

私はこう結論した。つまり、アイデアの作成はフォード車の製造と同じように一定の流れ作業である事、その作成に当たって私たちの心理は、習得したり制御したりできる操作技術によってはたらくものである事、そして、何であれ道具を効果的に使う場合と同じように、この技術を修練する事がこれを有効に使いこなす秘訣である、という事。

アイデアのつくり方/ジェームス・W・ヤング P18

シカゴ・スタイルに学ぶ、論理的に考え、書く技術

明晰かつ判明な思考

「シカゴ・スタイル」とはシカゴ大学で用いられている論文の書き方。
僕は論文なんてものを書くような仕事をしているわけではないのですが、文章の理解の仕方や文章の組み立て方、特に、説得力を持った文章の組み立て方が勉強になりました。

説得力のある文章を書くには、論理が正しく運ばれてなければいけない。正しく運ぶためには頭の中で理由や根拠がしっかり整理されていなければならない。
そんな情報の整理の仕方や文章の運び方が学べます。

個人的に今まで読んできた文章術系の本で一番ためになった本ですね。
もうこれさえあれば大丈夫なような気がする・・・

シカゴ式に考え、文章を書く方法は、単に「論文」を書くときにだけ役立つわけではい。むしろ、物事を理論的に整理し、それを他人に効果的に伝達するためのものなのです。

シカゴ・スタイルに学ぶ論理的に考え、書く技術/吉岡友治 P6

関連記事

  1. books

    今週の読書-五覚堂の殺人、1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました、父が娘に語るとんでもなく…

    最近、携帯を忘れる日が増えました。持ってても困らないので良いのですが…

  2. books

    今週の読書-χの悲劇、悲観する力

    今週は森博嗣ウィークでした。いつも言っていることですが、森博嗣作品は…

  3. books

    今週の読書-ファスト&スロー、許されようとは思いません

    アマゾンでポチった「充たされざるもの」が届きました。あまりの厚みに圧…

  4. books

    サージウスの死神、法とは何か、私はどうして販売外交に成功したか

    今週は佐藤究の作品と、法思想に関する本、そして営業に関する本を読みま…

  5. books

    今週の読書-鏡面堂の殺人、言葉にして伝える技術、使える脳の鍛え方

    涼しいというか少し寒い日が続いていたと思ったら、7月らしい気候になっ…

  6. books

    自分の弱さに向き合う「ALTER EGO」

    これは、努力を惜しまない現実な人のための本だ。これを読んだからと言っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    さよなら言い方なんて知らない。2・天久鷹央の推理カルテⅡ・アマゾンのすごいルール…
  2. books

    後宮の烏、天久鷹央の推理カルテ、神はいつ問われるのか?
  3. books

    天才を殺す凡人、「学力」の経済学、150年前の科学誌「NATURE」には何が書か…
  4. books

    今週の読書-注文の多い注文書、ギルドレ(3)、内向型人間のすごい力
  5. books

    今週の読書-眼球堂の殺人、ホモ・デウス、メモの魔力とか
PAGE TOP