books

科学用語図鑑、Think Clearly

今週は、科学がルーツの言葉を纏めた本と、思考をクリアにするための本を読みました。

科学用語図鑑

あれもこれも科学用語

僕らの暮らしのあちらこちらにある科学用語を改めて解説してくれる一冊。

例えば、マイナスイオンって実際何なの?とか、カロリーってどんな意味?天気予報図でみる低気圧や高気圧の線って何?などなど、よく耳にするけど、正直意味がわかっていないような科学用語をさくっと学べます。

読んでいると、中学生や高校の頃の授業を思い出します。
あー、何となく授業でやった記憶があるなー。って感じで。

様々な科学用語の詳細を身に付けたら化学リテラシーが高まるわけではないですけど、知らないより知っていた方がいいことも世の中にはあるんですよね。

一方で、例えば「仕事」という言葉は日常用語として普通に使うので、私たちはこの言葉に大してはっきりしたイメージを持っています、ところが、科学者は、この同じ言葉を全く違う意味で使います。

科学用語図鑑/水谷淳

Think Clearly

人生をより良く生きる思考の道具箱

クリアな思考法を導くための一冊。
僕らの日常に蔓延る様々なストレスの要因から抜け出すための思考法を52個を収めた思考の道具箱。
余計な思考に振り回されなければ人生はより良くなる。という考え。

正直感想は、イマイチ物足りない。
最新科学から導いた云々と書かれているので期待したのだが、科学を用いたビジネス書をよく読む人にはどれも聞いたことがあるような内容。
アダム・グランドのGive&Takeやダニエル・カーネマンのFast&Slowなんかを読んだことがある人なら、物足りないと思う。
逆に、その手の本を読まない人にクリティカルヒットして売れているのかな。という印象。

なので、一応エビデンスがある思考テクニックを52個ギュッと集めました。って感じだから、内容は薄いが役に立たないわけでもないし、裏付けが一応あるから、掲載してあるテクニックを試せば効果的なものがちゃんとあると思う。

しかし、エビデンスを明示しないで科学的に答えが出ている。というテクニックもあったので、本当にエビデンスはあるのか?それとも、明示すると不都合だからあえて書いていないのか?などと勘繰ってしまった。

同じシリーズでThink Smartが出てるけど、買うかどうか迷ってしまう内容だったな。
新たな知見を期待して読むかなぁ。

私たちが生きいている世界を理解するためには、いろいろな思考法が詰まった「道具箱」があるといい・そして私たちの日々の暮らしにも、同じような思考の道具箱が必要なのだ。

Think Clearly/ロドフ・ドベリ P2

関連記事

  1. books

    その悩み、数学的に考えてみませんか?-論理ガール/深澤慎太郎

    あなたの悩みは何ですか?交友関係は疲れますか?お金の不安、それとも、…

  2. books

    今週の読書-それでもデミアンは一人なのか?、世にも奇妙な君物語、超図解・宗教

    ライフサイクルが変わると、今までの当たり前だった習慣も変わってしまう…

  3. books

    今週の読書-Search Inside Yourself、エレンディラ、マンモスを再生せよ

    積ん読がだいぶ減ってきましたが、今度は読み終わった本の山が出来上がっ…

  4. books

    5秒で行動を変え、人生を変える

    この前、「5秒ルール-直感的に行動するためのシンプルな法則」という本…

  5. books

    幸福を最大化する「科学的な適職」

    好きなことを仕事にしよう。安定した業界を選ぼう。フリーランスこそ思考…

  6. books

    今週の読書-MONEY、日の名残り、聖女の毒杯、日本が売られる

    1週間に4,5冊くらい読めているので、単純計算すれば一年に200冊以…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    今週の読書-蝶のいた庭、ルーキー・スマート、もっと言ってはいけない
  2. books

    「人生は20代で決まる」を再読して—残りの人生を有利にする重要な時期
  3. Think

    価値観リストで人生で大切なことを知る―漠然とした人生のコンパスを見つける。
  4. books

    今週の読書-教会堂の殺人、世界が変わる空調服、哲学の先生と人生の話をしよう
  5. Think

    脳を育てるのは運動だけ
PAGE TOP