books

科学用語図鑑、Think Clearly

今週は、科学がルーツの言葉を纏めた本と、思考をクリアにするための本を読みました。

科学用語図鑑

あれもこれも科学用語

僕らの暮らしのあちらこちらにある科学用語を改めて解説してくれる一冊。

例えば、マイナスイオンって実際何なの?とか、カロリーってどんな意味?天気予報図でみる低気圧や高気圧の線って何?などなど、よく耳にするけど、正直意味がわかっていないような科学用語をさくっと学べます。

読んでいると、中学生や高校の頃の授業を思い出します。
あー、何となく授業でやった記憶があるなー。って感じで。

様々な科学用語の詳細を身に付けたら化学リテラシーが高まるわけではないですけど、知らないより知っていた方がいいことも世の中にはあるんですよね。

一方で、例えば「仕事」という言葉は日常用語として普通に使うので、私たちはこの言葉に大してはっきりしたイメージを持っています、ところが、科学者は、この同じ言葉を全く違う意味で使います。

科学用語図鑑/水谷淳

Think Clearly

人生をより良く生きる思考の道具箱

クリアな思考法を導くための一冊。
僕らの日常に蔓延る様々なストレスの要因から抜け出すための思考法を52個を収めた思考の道具箱。
余計な思考に振り回されなければ人生はより良くなる。という考え。

正直感想は、イマイチ物足りない。
最新科学から導いた云々と書かれているので期待したのだが、科学を用いたビジネス書をよく読む人にはどれも聞いたことがあるような内容。
アダム・グランドのGive&Takeやダニエル・カーネマンのFast&Slowなんかを読んだことがある人なら、物足りないと思う。
逆に、その手の本を読まない人にクリティカルヒットして売れているのかな。という印象。

なので、一応エビデンスがある思考テクニックを52個ギュッと集めました。って感じだから、内容は薄いが役に立たないわけでもないし、裏付けが一応あるから、掲載してあるテクニックを試せば効果的なものがちゃんとあると思う。

しかし、エビデンスを明示しないで科学的に答えが出ている。というテクニックもあったので、本当にエビデンスはあるのか?それとも、明示すると不都合だからあえて書いていないのか?などと勘繰ってしまった。

同じシリーズでThink Smartが出てるけど、買うかどうか迷ってしまう内容だったな。
新たな知見を期待して読むかなぁ。

私たちが生きいている世界を理解するためには、いろいろな思考法が詰まった「道具箱」があるといい・そして私たちの日々の暮らしにも、同じような思考の道具箱が必要なのだ。

Think Clearly/ロドフ・ドベリ P2

関連記事

  1. books

    今週の読書-教会堂の殺人、世界が変わる空調服、哲学の先生と人生の話をしよう

    7月の割には涼しげな日々が続いてくれているおかげで読書が捗りますね。…

  2. books

    朝が来るまでそばにいる、超習慣術、「自分を変える」と言うこと

    秋晴れは空が高く、日が暮れれば幻想的な色をその高い空に映し出します。…

  3. books

    今週の読書-20歳のときに知っておきたかったこと、この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

    いろいろと環境が変わって読書時間を取れなかったり、集中力が続かなかっ…

  4. books

    先週の読書-君の世界に青が鳴る、直感と論理をつなぐ思考法、第3のチンパンジー

    GWも終わりますね。この連休の中で一つやってみたい事が出来たので、な…

  5. books

    今週の読書-6時27分発の電車に乗って、僕は本を読む、「9マス」で悩まず書ける文章術、読みたいことを…

    本格的に茹だるような暑さの夏がきましたね。毎朝の出勤が辛いので、朝が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. books

    自分の弱さに向き合う「ALTER EGO」
  2. books

    今週の読書-満願、私の消滅、選択の科学
  3. books

    GAFAが作り変えた新世界で生き抜く19の武器
  4. books

    IQ、insight、SLEEP
  5. books

    幸福を最大化する「科学的な適職」
PAGE TOP