books

世界史の針が巻き戻るとき、芸術的創造は脳のどこから産まれるのか?、PEAK PERFORMANCE最強の成長術

今週は、気鋭の哲学者から見た世界、脳と芸術の関係について、そして、科学的な成長メソッドの本を読みました。

世界史の針が巻き戻るとき

世界の危機を照らす新しい哲学

「新しい実在論」と言う哲学モデルで「世界は存在しない」と言ってのけた、マルクス・ガブリエルが世界を読み解く。

筆者の提唱する「新しい実在論」という哲学モデルを通して、民主主義や資本主義、テクノロジーのそれぞれの危機を読み解く。

個人的に面白かったのはテクノロジーに関する内容。
ディープラーニングやAIの発達に期待され、様々なビジネスモデルや未来予想がされている中、筆者は、テクノロジーは非常によく働くが、同時に信用できないと語ったり、テクノロジーは凡庸を再現するだけだから、テクノロジーによる自動化も所詮は凡庸化するだけ。と、テクノロジーの発達がもたらす未来はそれほど素晴らしいものではない。と言う視点。

そして、テクノロジーによる自動化で生み出された余暇は結局インターネットに振り分けられ浪費するだけ。と言う話に納得してしまった。

神は死んだ。近代という「壮大な約束」も死んだ。こうした「死」を経た我々は、錨を失って漂う船のようになってしまったと言える。
そうして今、「古き良き19世期の時代・国民国家の時代に戻ろうとする動きが力を増している」とマルクス・ガブリエルは言う。

世界史の針が巻き戻るとき/マルクス・ガブリエル P4(はじめに)

芸術的創造は脳のどこから産まれるのか?

創造を科学する

ケンブリッジ大学に勤務し、音楽の神経科学を研究する医学博士による、創造性と脳の相関性の話。

創造性の仕組みを脳科学で紐解きながら、発想力の磨く方法や脳の成長に適した教育法まで語られていて、脳科学をさくっと学べる一冊。

脳科学という話れるとハードルが上がるけれども、本書はなるべく知見のない人にも伝わるように工夫されていて、あまり苦労せず読めるんじゃないな。と

創造すると言うのは、生物に与えられた至高の精神活動といえます。そのため、ある偉大な想像がなされ、そしてそれが多くの人から継承されたとき、人はそれを天からの啓示などと言い、創造性の問題は近年まで科学の対象とはなりませんでした。
しかし、近年、脳科学や人工知能などの発展とともに、創造性の問題を脳科学的に論理づけようと言う試みが増えています。

芸術的想創造は脳のどこから産まれるのか?/大黒達也 P4,5(まえがき)

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術

負荷+休息=成長

集中法だったり休み方だったり、様々なエビデンスを基にした本を、ギュッと詰め込んだような一冊。

正直、シングルタスクとかパワーナップとか、マインドフルネスとか、ほとんどが知っているような内容で、あまり目新しさはなかったけれど、そこら辺を全く知らないで読むような人にはおすすめかもしれない。

科学的根拠に裏付けられているテクニックで網羅されているので、海外版メンタリストDaiGoの本。という感じかな。 ・

成長は限界ギリギリのせめぎ合いの中から生じる。スキルは苦悩から生まれる。

PEAK PERFORMANCE 最強の成長術 /ブラッド・スタルバーグ P62(第2章 絶対に成長に欠かせないこと)

関連記事

  1. books

    今週の読書-鏡面堂の殺人、言葉にして伝える技術、使える脳の鍛え方

    涼しいというか少し寒い日が続いていたと思ったら、7月らしい気候になっ…

  2. books

    今週の読書-HIGH OUTPUT MANAGEMENT、ギルドレ

    活字が読めなかったあの頃を思い出して、人生何が起こるかわからないなぁ…

  3. books

    GAFAが作り変えた新世界で生き抜く19の武器

    the four GAFAの中の「GAFA時代を生きるための武器」の…

  4. books

    今週の読書-20歳のときに知っておきたかったこと、この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた

    いろいろと環境が変わって読書時間を取れなかったり、集中力が続かなかっ…

  5. books

    サージウスの死神、法とは何か、私はどうして販売外交に成功したか

    今週は佐藤究の作品と、法思想に関する本、そして営業に関する本を読みま…

  6. books

    夢の検閲官・魚籃観音記、危機と人類(上・下)

    ほんの少し窓から目を離した隙に、太陽は夕暮れに陰る空の色を奪い去って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

カテゴリー

  1. Think

    if-thenプランニング始めました。
  2. Think

    習慣を作り出す最も簡単な方法「—小さな習慣」を積んで、大きな成果を
  3. Think

    生産性と価値を高める「ディープ・ワーク」—最高のパフォーマンスと成果を生む方法
  4. books

    サージウスの死神、法とは何か、私はどうして販売外交に成功したか
  5. Think

    作業の前に手っ取り早く集中モードに切り替える3つのテクニック
PAGE TOP